KitaLand

きたらんど。札幌移住とマイルと家計節約のブログ

札幌の旭川ラーメン『杜子春』が中富良野に移転するので閉店前に訪問してみた

こんばんは、kitalanです、今回は久々に地域レポートです。

仕事で札幌市北区を訪れる機会がありましたので、そのついでということで北区のラーメン店を検索してみました。

自分の中に最近の流行りは、流行系のガツンとくる札幌ラーメンではなく、昔ながらのお店の味です。

今回訪れたのは札幌市北区にある「杜子春」というお店です。隣に居酒屋が併設されていて、夜は居酒屋営業をしているようですが、残念なことに2019年2月20日を持って閉店。閉店後は中富良野の中心街でお店を開き直すそうです。もともとトンデンあたりで営業していて、それが今のお店に移転してきた経緯もあるはずですから・・・どんどん遠のいていってしまいますね。

『杜子春』のラーメンは札幌では珍しい旭川系のラーメンです

私は実は北海道に移住してきて最初に美味しさを感じたのは旭川系のラーメンなんですよね。老舗の「梅光軒」あたりのラーメンだったと記憶していましたが、その濃厚な醤油味にガツンと頭を打たれたことをよく覚えています(今は麺がドロドロで好みではない)。

以来、旭川系ラーメンは私の中ですっかり北海道を代表するラーメン店となりました。濃厚系の醤油味が癖になります。

それに、「ラーメン発見伝」によると醤油系のラーメンはごまかしが効かないので、作る側も苦労するようなんです。だからそれだけ期待も高まります。

ちなみに私が気に入っている旭川系のラーメンで札幌ラーメンは、琴似にある「ななし」さんと、札幌市の麻生にある「北山龍」。特に北山龍は店主の人柄も最高(来店してみれば分かる)で味も抜群、無添加ですから、隠れた名店です。いつかこのブログでも紹介したいですね。

ということで閉店が惜しまれるラーメン『杜子春』さんを訪問してみました。

 

 

f:id:kitalan:20190210082126j:plain


店内の雰囲気は古きよき居酒屋という感じです。個人的には好みです。

細身の店主が粋な感じで、圧迫感を人に与えない、職人オーラを出す方でした。期待できそうです。

肝心のラーメン自体ですが、美味しかったです!期待通りのザ!旭川ラーメン!という感じで、やっぱりこれ系のお店は醤油が一番だなぁと思いながらゆっくり味わって食べることができました。

おしぼりも出してくれるのでなんだか人情がある店舗だと感じましたね。

気になるお会計も650円と、最近のラーメンの価格帯ではかなり安い部類に入りますね。

お腹も心も満たされ、お店を後にしました。ちなみにこの日も札幌の最高気温は-8度だとか。テレビでは陸別でラーメンが凍っている様子が報道されていました。最低気温ではなく最高気温です。

北海道、恐るべし・・・。

閉店してしまうのは残念ですが、札幌にて貴重な旭川系ラーメンを味わうことができた訪問記となりました。本日はこの辺で。

こんな記事も書いています

札幌味噌ラーメンの王道、月見軒さんを訪問した際の記事です。杜子春さんの近くの店舗です。私個人が好きなお店です。