KitaLand

きたらんど。札幌移住とマイルと家計節約のブログ

ふとみ銘泉万葉の湯で心を開放してきた

久々に源泉かけ流しのお湯につかりたくなり、札幌近郊の温泉「ふとみ銘泉」まで足を延ばしてきました。

 定山渓温泉ばかりがピックアップされますが、源泉かけ流しだし、道路は混雑しないしで、こちらのほうが個人的にはおすすめです。

 

たっぷりとお湯に浸かって、日頃の疲れも欝々とした気持ちも洗い流してきました。

 

札幌近郊で質の良い温泉に浸かりたい場合は、無難なものは南区にある定山渓温泉ですが、こちらを訪れるにはどうしても街の中心部を通り抜けなければいけません。

 

自分はとにかく混雑、街中の運転が嫌いですから、できれば休日の中心部は避けたい。

そんなわけで、多少お金がかかっても良いですが、そこに至るまである程度快適な場所を選びます。に

高速道路を利用すれば武山高原温泉なんて選択肢もありますが、この日は高速道路を乗る気分でもありません。

さかのぼってみたら3年前にも私は同様の気持ちになって竹山高原温泉を訪れているのですね、成長していない笑

 石狩街道を北上する

せっかくの快晴なので石狩街道をゆっくりと走らせながらふとみ銘泉を目指すことにしました。方面は石狩当別方面です。

 

休業自粛でやっていなかったどうしよう、、、そんな不安に怯えながら、石狩街道を走らせてふとみ銘泉を目指します。

事前に確認はしたのですが、ホームページの情報なので多少は不安を覚えます。

緊急時はホームページ上の情報は更新しきれない施設も多いですからね。

 

それはそうとして、万が一営業をしていなければ、それはそれで軽いドライブにしようという気持ちで車を走らせます。

ふとみまで車を走らせたならば、いっそさらに奥地の開拓ふくろうの湯でも目指したいと思いますが、残念ながら新型コロナウイルスの不況の影響で営業をたたんでしまっています。

温泉大好きな方はぜひ下記リンクを参照していただきたいですね、私なんて温泉好きの風上にも置けないちょこっとだけ知識をかじっただけのモグリでしたが、それでもこちらの温泉を利用する際は心温まることばかりで、ここのオーナーさんの人柄に魅せられられたことは忘れられません。

https://ja-jp.facebook.com/fukurou.onsen/

 

さて、札幌中心部から車を走らせる ことおよそ40分。お目当てのふとみ銘泉に到着しました。

期待通り営業中です。

ここの良さは自分的には2点。

 

源泉かけ流しのお湯であること

露天風呂からの景色が秀逸であること

 

特に露天風呂からの景色は素晴らしいものがあります。絶景と言えるほどではありませんが、露天からはふとみの田園が一望できます。

穏やかな時間が流れていて、この景色に癒されない人がいたらそれは嘘でしょう。

 

そんなわけで露天風呂にたっぷりと浸かり続けました。

ちなみにお湯の色は茶褐色。モール温泉に似ているそれは肌をツルツルにしてくれました。

 

たっぷりと満足できたので岐路につきます。

帰りに売店でご当地ロールケーキを購入しました。なぜか厚真のハスカップロールでしたが、しっかりと冷凍されていました。1時間ほど溶かして、ふわふわロールにやや凍ったクリームの味もなかなかでした。

あ、入浴の際はホームページ経由のクーポンの利用も忘れてはいけません。

200円くらい値段が変わりますよ。

そんな感じです。