KitaLand

きたらんど。札幌移住とマイルと家計節約のブログ

【2018年~】ダイナースカード入会キャンペーンが過去に比べてかなりいい感じです【2019年3月】

こんにちは。2018年1月に入会したアメックスグリーンカードの有効期限が迫りつつありますので、新たなメインカードを探しまわっている当ブログ管理人のkitalanです。ダイナースカードが近年稀に見る高ポイント還元状態なのでご紹介します。キャンペーン期間も2019年3月までと長いですね。

 

 

ご覧いただけると分かると思いますが、当ブログでは、無理なく確実にお金を浮かせる方法を、格好つけた言い方をすれば資産の運用、生活に密着した言い方をすれば節約の方法を方法をメイン記事として挙げています。

私は元々本州在住のサラリーマンで、北の大地北海道にあこがれて札幌に移住したという経緯があり、はじめはそのあたりを中心に記事を書いていたのですが、だんだんとリアルな生活が迫ってきましたので、最近ではお金にまつわるあれこれが圧倒的に占めています。

さて、移行先のカードを探していた際、公式ホームページより、ダイナースカードのキャンペーンがかなり熱い状況になっているのが分かりましたので記事にしてみました。

あぁ、ダイナース・・・シティバンク時代に大量ばらまきを行っていた時代が懐かしい‥。

 

 ダイナースクラブの入会キャンペーンで最大60000ポイントのキャンペーンやっています

ダイナースカードが大きく変わった歴史

ダイナースクラブの入会キャンペーンがここまで激しく行われるのは私の記憶の限りでは、4年ぶりです。2014年10月、11月以来ですね。ダイナースカードはもともとシティバンク提携のカードでしたが、2015年12月15日をもって提携会社が三井住友に変わり、シティバンクにとっては過去のカードとなってしまいました。

 

提携先の変更は2014年あたりにすでに案が浮上していたようで、そのあたりから会員数の増加をもくろみ、あからさまなキャンペーンがバンバン繰り出されていました。

恐らくですが、会員数が多い状態で提携先移行(売却)の交渉に臨んだ方が、有利な条件になると判断してのことだったのでしょう。

 

各種広告サイトに、「入会で3万ポイント!」「入会で4万ポイント!」の文字が飛び交い、話題となりました。

ダイナースカードの年会費は税込みで23760円ですので、入会だけで初年度分の年会費が賄えてしまうという不思議なキャンペーンでした。

ダイナースのカードは私にとっては高嶺の花であり、審査にさえ通るのが難しいと思っていたのですが、各種キャンペーンがさらに熱を帯びていた十月。締め切り直前の10月31日に、思い切って申し込んでみたらあっさりと審査通過してしまったことをよく覚えています。

その時の広告サイトのポイント付与が58000ポイント(58000円分)だったので、全くもって得をしたなぁと、感動しちゃっていました。

その後はお礼の気持ちを込めて一年間メインカードとして決済を続けていました。ダイナース側のキャンペーンもあり、60万円分以上を使って4万ボーナスでダイナースポイントをもらった記憶がありますが、とにかくメインカードとして使わせてもらいました。

(その後は高い年会費に耐えることができず、あっさりと一年間で解約をしてしまいました。)

余談ですが、「初年度年会費無料」のカードを一年間使い倒すことについての是非を、実際に金額を調べてまとめた記事もありますので、興味がありましたらご覧ください。

結論だけ言えば、年間70万円以上決済していれば、カード会社にも利益が生まれます。

さて、そういうわけで管理人にとって大変思い出深いあのダイナースカードが今再び!かなりレベル高なキャンペーンを実施しています。

旧会員の私にはもうチャンスはありませんが、ダイナース入会を狙っていた方には大チャンスです。ノルシカナイ、コノビッグウェーブニ・・・

 

オンライン限定!ダイナース新規入会で60000ポイントキャンペーンの詳細

キャンペーン期間

キャンペーン期間:2018年11月1日(木)~2019年3月31日(日)

※キャンペーン期間中にお申し込み、かつ2019年4月30日(火)までにご入会いただいた方が対象となります。

 キャンペーン期間は2018年11月1日(木)~2019年3月31日(日)までとなっています。結構期間が長いので、クリスマス、年末年始、年度末締めで大金を使う予定のある方は入会しておくと条件達成がグッと近くなりますね。

年会費

ダイナースクラブカード年会費:本会員 22,000円(税込 23,760円) 家族会員 5,000円(税込 5,400円)

今回のキャンペーンでは年会費は無料になりません。ポイントサイト等を使えば年会費が相殺される場合もありますが、その場合はこのキャンペーンが適用されなくなりませんので、私でしたらこちらの公式キャンペーンを利用すると思います。

特典1

新規入会でもれなく 3,000 ボーナスポイントプレゼント

まずは入会をするだけで3000ポイントが付与されます

特典2

入会後3ヵ月以内に30万円のご利用で 12,000 ボーナスポイントプレゼント

入会後の3カ月以内の30万円決済で12000ポイントです。これで15000ポイントまで達成できますね。

特典3

入会後3ヵ月以内にさらに30万円のご利用で 15,000 ボーナスポイントプレゼント

※特典2と合わせて60万円のご利用が達成条件となります。

 つまり、特典2と合わせて、3カ月以内に60万円を決済すれば追加で15000ポイント、ここまでの合計で30000ポイントが付与されるということになります。正確には、60万円決済している分のポイントも付与されますから、36000ポイントが付与される計算になります。初年度分の年会費を約12000円超えてポイントが付与されますね。

特典4

入会後6ヵ月以内にさらに40万円のご利用で 20,000 ボーナスポイントプレゼント

※特典3の達成が条件となります。※特典2・3と合わせて100万円のご利用が達成条件となります。

 ここまでの条件を達成して、加えて40万円を決済すれば加えて20000ポイントの付与です。これで決済額100万円に対して56000ポイントの付与になりますね。正確には、40万円決済分の4000ポイントも付与されますので、60000ポイントとなります。

 

ここまでの特典を全てまとめてしまうと、

「100万円の決済で60000ポイントプレゼント」という計算になります。

クレジットカードの決済は通常、良くてポイント付与率1%そこそこですから、常時では付与されるポイントは100万×1%で1万ポイントです。+5万ポイント付与されるという計算です。還元率で言えば、6%です。年利6%の運用です、最高じゃないですか!

・・・

 

・・・

 

ただし、年会費23760円は必ず請求されますので、実質的には1023760円の決済に対して60000ポイントの付与となりますので、還元率は実際は5.8%となります。

また、このポイントをマイルに変えたいという方は別途60480円(税込み)がかかりますので、付与率は5.5%という計算になります。

それでも、100万円の投資に対して5.5%の利率ですから、投資対象としてはかなり高い部類になります。

ただ、そのために100万円決済をわざわざするようでは、本末転倒ではありますが。その辺は今後の支出と相談しながらということになりますね。

ダイナースクラブカードのメリット

ダイナースクラブカードは超のつく高級カードの位置づけになりますが、ネット上で書き込まれているように、あまり目立った特徴がない!というのがある意味特徴になります。特に比較対象にアメックスゴールドカードが挙げられますが、たいていのサイトでアメックスに軍配が上がります。

ですが、これだけの好条件が展開されている今、保有するだけでも6万ポイント、そこから年会費を差し引いてもお釣りがくる状況ですから、今はチャンスというわけです。

さて、数あるダイナースの特徴の中でも、特に気になるものについて詳細を見てみましょう。

海外旅行保険が手厚い

海外旅行の際、各種保険に入られる方は多いと思いますが、私の場合はクレジットカードに付帯されている保険で全て済ませています。特にゴールドカード以上のレベルとなると十分な保険が付帯されていることが多いです。ダイナースに関しても十分すぎるほどの保険が付帯されています。額にして、最高一億円です。この一億円がどのような位置づけになるかと言えば、一言で言えば十分なレベルと言えます。以前ミライノカードゴールドの入会を検討した際に保険についてまとめた表が下記になります。

*海外旅行自動付帯 エポスカード エポスゴールド ミライノカードゴールド  
年会費 無料 5000円 3000円  
      本会員 家族
傷害死亡・後遺障害 最高500万円 最高1,000万円 5000万円 1000万円
傷害治療費用 200万円 300万円 500万 250万
疾病治療費用 270万円 300万円 500万 250万
賠償責任(免責なし) 2000万円 2,000万円 5000万円 2500万円
救援者費用 100万円 100万円 300万円 150万円
携行品損害(免責3,000円) 20万円 20万円 50万円 25万円

 ミライノカードがいかに充実しているのかが分かりますが、ダイナースの場合はその上をいきますね、こんな感じです。

海外旅行保険

傷害死亡・後遺障害 最高1億円(下記1.と2.の合算額)

1. 自動付帯分:最高5,000万円

2. 利用条件分:最高5,000万円

国内旅行傷害保険

傷害死亡・後遺障害 最高1億円(利用条件付)

ショッピング・リカバリー

年間500万円限度(利用条件付)

ダイナースクラブ|新規入会キャンペーン実施中より引用

 自動付帯部分についてはミライノカードゴールドと同じ結果(逆に言えばミライノゴールドがいかにすごいかが分かる)になりましたが、さすがハイステータスカードというだけあり、国内旅行傷害保険、およびショッピングリカバリーがはじめからついています。

ダイナースカードのショッピングリカバリーとは?

ショッピングリカバリーという言葉は時々目にしますが、実際の中身はどのようなものなのでしょうか。公式サイトには下記のような記述があります。

ダイナースクラブカードを利用して補償期間中に購入した商品が購入日(配送等による場合には商品の到着日)より90日以内に、破損、盗難、火災などの偶然な事故により損害を被った場合に適用となります。事前に通知いただく必要はありません。ダイナースクラブカードでお買い上げいただいた商品について、自動的に補償されます。

商品を購入してから90日以内にその商品が事故にあったら、10000円の自己負担で、最大500万円まで保証してやるぞ。という補償です。これが無料でついてくるので、私は気に入っていました。スマホ、パソコンのような精密機器で効力を発揮すると思いますが、そもそもメインの一枚として使っていた場合、様々な場合に心強いい方になってくれます。(結局使う場面には出くわしませんでしたが)。これ、以外と知られていませんが、海外で購入した商品にも適用されるんですよね。細かく調べてみる価値はあると思います。

 

空港ラウンジももちろん無料

年会費1万円超えのクレジットカードとなるともはや空港ラウンジの利用は付帯が当たり前となります。ダイナースもそうです。ただ、ちょっと使い勝手が悪いのが、ダイナースの場合は同伴者は無料にならないんですよね。アメックスだと同伴者も一名無料です。シブイ・・・。ただ、ラウンジへ入る回数には制限がありませんでしたので、以前タイへ旅行へ行った時は一日ひたすらラウンジ巡りをして遊んでいました。ネット上で入れるラウンジは色々出てましたので、ひたすら体験を繰り返していました。

なぜか知りませんが、CIPラウンジのファーストクラスラウンジに入れたのは良い思い出です。今も対象なのかはちょっと分かりません。タイのスワンナプーム空港へ行った時のことです。ビジネスクラスのチケットを取っていたので、そっちの理由で入れたのかもしれません。

f:id:kitalan:20181118125640j:plain

シャワーもあったし、なんかバーみたいな雰囲気でした。

f:id:kitalan:20181118125739j:plain

エグゼクティブダイニングの無料利用

高級料理を2名予約すると1名分が利用になるというこのサービス。アメックスでもやっていますね。私は当時の彼女の誕生日祝いにこのコースを利用してみましたが、彼女が???という顔をしていました。喜びようは半端なかったですが、私はまだ20代でしたので、分不相応なお店に彼女が???って感じだったんです。その彼女は今の奥さんというわけですが、カラクリはいまだに秘密にしています(笑)

キャンペーンポイントの付与期間は?

今回のキャンペーンのポイント付与時期も確認しておいて損はないと思います。

公式サイトによると下記のようになります。

カード期限月

特典2・3集計期間

特典4集計期間

加算時期 

12月

2019年2月末日まで

2019年5月末日

2019年7月下旬以降

1月

2019年3月末日まで

2019年6月末日

2019年8月下旬以降

2月

2019年4月末日まで

2019年7月末日

2019年9月下旬以降

3月

2019年5月末日まで

2019年8月末日

2019年10月下旬以降

4月

2019年6月末日まで

2019年9月末日

2019年11月下旬以降

5月

2019年7月末日まで

2019年10月末日

2019年12月下旬以降

ご自分の入会年月に合わせて確認すると良いと思います。

 まとめ&感想

今回はネットサーフィンの流れでたまたまダイナースカードのキャンペーンを目にして、過去との比較で思わず記事にしてしましたが、端的に言えばこのキャンペーンは近年まれにみるお得入会キャンペーンだということです。

私個人は一度既存ユーザーとなっていますので利用はできませんが、もし入会したことがない方はチャレンジしてみても良いかもしれませんね。年収条件がやや厳しいですが、以前よりも審査基準が緩くなっており、現にしがないサラリーマン【公務員以下の給与)の私でも20代の頃で審査に通過したわけですから。

なお、今回記事に利用したキャンペーン情報は全て下記サイトより引用したことを記載しておきます。グーグルのキャンペーンページですね。

ダイナースクラブ|新規入会キャンペーン実施中