KitaLand

きたらんど。札幌移住とマイルと家計節約のブログ

WealthNaviの解約と資産の長期投資への切り替えをしました

f:id:kitalan:20171114210250j:plain

こんにちは、kitalanです。私事ですが、生活環境が激変しました。そこで、家計から航空会社のマイルまで、資産を総ざらいしてみました。不要なものは切り捨て、必要と感じたものは新たに購入、チャレンジをするという動的な精神で活動しています。

このあたりのチャレンジマインドは昨年の6月頃にたまたま読んだミニマリストの本の影響が大きいかと思います。

こんな記事も書いています

その過程で、数カ月ほどWealthnavi(ウェルスナビ)に登録してみましたので、結果を報告します。流行りのロボアドですね。結論から言いますと、非常に頼りがいのあるシステムです。しかし解約しました。

長期投資が前提のウェルスナビに登録したけど1カ月で解約しました

私は航空会社のマイルを貯めています。航空会社のマイルはインターネット上のポイントサイトを上手に利用すると簡単に貯めることができます。あとはクレジットカードの利用ですね。マイルの価値は1マイル2円~3円と言われているので、そこらのポイントを貯めるよりははるかにお得です。ですが、(数年前からその兆候はあったのですが・・・)マイルを貯めるという行為に意味を見失い始めました。必要以上にマイルが貯まりすぎるのです。交換利率に夢中になりすぎて、自分で使う以上の航空券のマイルを貯めてしまいました。そのなれの果てが下記画像です。

f:id:kitalan:20180630120655p:plain

 

ANAのマイルに変えられるTOMEカードのポイントですが、予備に残している10万ポイントが来年3月で期限を迎えます・・・。

このままマイルを貯めていてももうそこまで必要ないと思い、貯めたポイントをマイルではなく投資信託に運用しようという発想に行きつきます。自動で資産を運用してくれるロボアドの登場です。

私kitalan自身は個別株に関しては数年前まで運用をしていましたが、めんどくさくなってやめてしまいました。個別株はどうしても短期の運用に目が行ってしまい、結果的に投機になってしまいます。

そこで今年は長期運用を前提とした資産運用に挑戦です。めんどくさがり&初心者に最適なロボアドです。

ロボアドの中ではウェルスナビが一番有力だった

主にインターネットからの情報ですが、数多くあるロボアドの中でも手数料、運用効率、その他もろもろ…様々な点を比較した結果、ウェルスナビがいいという結論にたどり着きました。というよりも、ロボアドの性能自体は開発された今現在に関しては各社どこもそこまで差はない。という発想です。実際のところは、どれでもいいんです、はじめられさえすれば。

ただし私の場合は保険をかけました。どうせ始めるなら何かキャンペーンが併用されないかなぁと。インターネット上でやり取りをする企業の多くはポイントサイトに広告費をかけていますので、探せばポイントサイト経由で申し込みができるはずです。

マイルを貯める際にも利用をしていたげん玉というサイトで最高還元率3000円分をたたき出しているので、こちらを利用します。

げん玉

これで資産運用に関しては3000円までのリスクを安心して負うことができます。初期投資額は10万円。一カ月で3%以内の下落でしたら自動的に資産運用の成功になります。

そもそも長期投資を目的としていますから上記記述は本当は適切ではないのですが、投資額に対してどうしてもマイナス益を出したくないというのが人間の心理です。安心して保険をかけることができました。

 

『長い目で見て世界経済はよりよくなっていく』という前提を信じられれば、長期投資はありです。むしろそこを信じられるか否かというのが投資における最大のポイントではないでしょうか。

 

ウェルスナビの解約に至った理由

ところでウェルスナビの場合は、手数料が保有資産に対して1%かかります。これはロボアドの中でも別に高い部類には入りません。また、他のアクティブ系の投資信託と比較的しても高いとも思えません。ですからウェルスナビ自体に特に大きなマイナス点は見つかりませんでした。

ですが、それこそ長期的に見る(仮に30年間運用し続ける)と仮定すると、毎年1%の手数料が減り続けるのは思っていた以上にずっしり来ることが分かりました。

100万円を越えたあたりから、毎年1万円以上の手数料がかかるわけです。運用がうまくいっている時はいいですが、これがマイナスの年にあたるとすると・・・きっついですね。お得なことに違いはないのですが、メンタルが耐え抜けられそうにないという理由で解約を決めました。

世界経済が右肩上がりに上がっていくと信じ続けられるのならば・・・

そもそも今後の世界がよりよくなっていくという前提を信じられるならば、全世界に均等に投資すればいいだけです。

とするとSBI証券で販売しているeMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)とか、楽天・全世界株式インデックス・ファンドとかにピンポイントで投資をすればよいだけの話ということに今更ながら気づきました。どちらもウェルスナビの10分の1程度の手数料で利用可能です。100万円分投資しても1000円わずかの手数料ですから負担になりません。

積み立て投資をするならロボアドよりも世界経済に対応した投資信託を購入することをお勧めします。ただし、これから人工知能はどんどん発展していくわけですから、数十年後もロボアドが今の運用成績かつ手数料とは限りません。レベルも上がるし手数料も安くなっていくとは思うんですけどね・・・。

ウェルスナビの一カ月の変動は、マイナス500円からプラス4500円でした

2018年は相場の上下が大きいようです。投資をはじめたらついついログインして基準価格をチェックしてしまいますが、この一カ月(5月末→6月末)の変動は-500程度から+4500程度でした。結構動きましたね。それでもポートフォリオを自動で調整してくれるというのはただのサラリーマンにとっては本当にありがたい話です。

結局下記画像の状態で手を打ちました。

f:id:kitalan:20180630113639p:plain

超短期投資ですが、結局世の中アメリカやんけ。という結果になりました。

投資の勉強はすればするほどインデックスファンドに落ち着くと思います

投資と聞くと日本人は敬遠がちな部分がありますが、しっかり調べると随分堅実な手法だということに気づきます。特にideco(確定拠出年金)何て税引き率を考えるとかなり勝利が約束されたマネーゲームのような気さえしてきます。

投資と投機の区別さえしっかりできていれば大丈夫ですね。

結婚や出産のタイミングで、夫婦のどちらかがお金に関してしっかり学習する機会がありますから、そのタイミング逃さないことが大事なのではないでしょうか。

参考までに、下記2冊はたいていのサイトで推奨されている書籍です。1000円~2000円程度の書籍代を浪費と考えるか投資と考えるか。日々の考え方の積み重ねもとっても大事です。

 

前者は自分の投資信託のバイブルと化しています。生活防衛資金6カ月分が貯まらないと投資はすべきではないなど、リアルな点が好きです。後者は言わずと知れた金持ち父さんの話ですね。

札幌に移住してから15年が経ちますが、お金の管理もしっかり取り組んでいきたいものです。

こんな記事も書いています