KitaLand

きたらんど。札幌移住とマイルと家計節約のブログ

ライン証券での月に一度の利益が楽しみです

ライン証券で月に一度利益を出せています。結構再現性が高そうなので記事にすることにしました。

 

ポイントは何と言っても不定期で行われている割引セール。不定期開催ですが3%~7%引きで株式を購入することができてしまいます。

このタイミングさえ逃さなければ高確率で利益を出すことができますので、非常におすすめです。

 

初株キャンペーン

結論を先に述べてしまえば、

株の割引セールに参加する→値が下がる前に売却する

この流れを踏むだけで高確率で利益を生み出すことができます。

以下、詳しく述べていきます。

 

ライン証券のセールを利用して約5000円の利益がでました

株式というと大金を動かすイメージが強いですが、私はお小遣い稼ぎの延長として利用しています。(大金を動かしている株式投資も行っていますが、ライン証券はそれにはあてはまりません。)

 

ライン証券の場合、①単元株で購できる、②割引セールが不定期で開催される

 

この二つの特徴を利用して、お小遣い程度の利益を簡単に叩きだすことができます。

私の場合は3月4月のチャレンジで、約5,000円の利益を生み出すことに成功しました。

 

ライン証券の良い点は1株から購入ができる点

利益を生み出すために利用する条件その1が、1株から購入できる制度を利用することです。

例えば、日本を代表する企業のソニー株を購入するとします。ソニーの株価は2020年4月現在6,878円ですが、通常の株式購入であれば100株からの購入となりますので、687,800円が必要です。

これがライン証券の場合、一株からなので6,878円そのままで購入できます。

ですから、非常に少ない軍資金で購入が可能となります。

リスクという観点から見れば低リスクとなります。

ライン証券では、いきなりタイムセール!が開催される

ラインをいじっていて気になった方もいるかと思いますが、ライン証券では不定期で「いきなりタイムセールが開催!」という告知が出てきます。

ラインのタイムセールは、これまでの経験から言えば、

 

  • 開催は平日
  • セール前日に告知、
  • 当日15時に銘柄告知、
  • 当日17時に販売開始、
  • 数分で売り切れ

こんな流れになります。数分で売り切れ(前回は1分程度)てしまうのは、仕組みとして利益が出やすい制度だということに気づく人が増えているからではないかと思っています。

 繰り返しになりますが、この流れにさえ乗れれば、高確率で利益を生み出すことに成功します。

数分で売り切れになってしまうのというのがまた、燃えますよね。

実際にライン証券のタイムセールに参加してみました

ライン証券のセールに参加するには、あらかじめライン証券の口座を作っておく必要があります。

たぶん一番簡単なのは、スマホからリンク先の流れのままに作ることです。

ラインは感覚的に操作しやすいので、スマホからの申し込みでもストレスを感じることはほぼありません。

2020年4月現在は、ライン側で「初株キャンペーン」というのも開催しているので、これも上手に利用した方がお得です。

このキャンペーンは、3株を選択して、プレゼントされるという内容です。

値があがりそうな株を買うよりも、そもそも単価が高い株を購入した方が得です。

ライン証券の口座開設が済んだら、あとはライン証券からの告知を待つだけ

だいたいの場合、キャンペーン前日にライン証券からメッセ―ジが送られてきます。

例えば下記のようなラインがライン証券から送られてきます。

f:id:kitalan:20200421213942p:plain

メッセージのリンク先を進んでいくと、リロード画面に移ります。後はそのままの画面で、平日17時直前にスタンバイしておくと良いでしょう。

セール開始直後は、かなり激戦となりますので、あらかじめライン証券に必要額を入金しておくのがコツです。小さな工夫で勝率が上がります。

 過去の戦績

はじめは1株程度の利益なんてたいしたことはないと考えていましたが、「塵も積もれば山となる」ですね。さらに、今は制度が変わって5株まで購入できるようになっていますので、一回の取引でだいたい2000円程度の利益が出ます。

戦績はこんな感じです。

f:id:kitalan:20200421214743p:plain

3月26日のセールで日立製作所の株を購入しました。

その翌日、売却をしました。差額が1469円となりました。

これが3月26日のデータです。

 

その約3週間後にまたセールが開催されました。

この時はソニーの株式を購入しました。

f:id:kitalan:20200421215109p:plain

こちらは売却との差額で3012円の利益が出ました。

 

画像だけを見ると、単なる株価変動に対する値段のような気もします。

ですが、これはセールで購入しているので、日立の場合は5%引き、ソニーの場合は7%引きでの購入です。

価格変動をしっかり管理(翌日初値で売るのが最も低リスク)すれば、割引分だけ得をすることができます。 

 株式投資に関しては、年利3~5%が標準的な利益率ですので、3%引き以上で株を購入できるのであれば、その時点でかなり勝率が高いので、かなりおすすめです。

初株キャンペーン

なお、同時開催されている、先着3万名限定のラインFXでの1取引という条件もかなり魅力的です。私はやり方に多少とまどい、為替で1000円くらい損をしてしまいましたが、普通に取り組めば資金5000円程度でチャレンジできますので、かなり勝率が高いですね。

こうしたチャンスは逃さずに取り組んでいきたいものですね。

まとめと感想

ライン投資は勝率が高いという話をまとめました。

最近はコロナ相場で財産が厳しい状況にさらされていますから、こういう小さな取り組みで少しずつでも利益を出していきたいものです。

もしこのようなお得情報に興味があるのでしたら、楽天モバイル の契約もおすすめです。

  1. 簡単に要点をまとめると、
  2. 1年間au回線5GB利用可(楽天回線内なら無制限使い放題)
  3. 契約事務手数料も全てポイントで還元
  4. 契約をしておくだけで楽天SPUの倍率が1倍上がったまま

こんな感じです。得に私は特に4番を重宝しています。来るべく楽天での大量購入(ふるさと納税)の時に向けて、SPUの倍率を上げ続けます。

尚、契約回線はもちろんMNPだけでなく純粋新規も可能です。私は純粋新規一択派です。

車での音楽再生用SIM(古い端末)に挿しこんで使っています。対応端末は公式発表では少ないようですが、実質的には結構対応してくれるみたいなので。iPhoneとか。

そんな感じです。

おまけ

時期的に在宅の方が長くなっていますが、在宅で少しでも利益を出したいのならば、FXを使った少額取引もおすすめです。

DMMは業界的には大手に属するので、まずは口座開設をしておくのも良いです。ただ、投資は自己責任な部分であり、リスク的には証券<FXとなりますので、そのあたりの判断も大切です。

以上、北海道からkitalanでした。