KitaLand

きたらんど。札幌移住とマイルと家計節約のブログ

泉佐野市からふるさと納税でビールが今年も届きました。相変わらずコスパ抜群です

こんばんは。

Amazonで金麦を検索するとだいたい2700円前後で検索結果が表示されます。一本あたり112円、定期便で購入するとさらに送料は無料ですので、なかなかお得な状態です。コンビニでちまちまと購入するよりは随分安いですね。

ですがより安く購入できる、それも減税を兼ねてというとどうでしょうか。

突然何を言い出すかと言えば、いよいよ今年もふるさと納税の追い込みの時期が近づいてきたからです。ふるさと納税なら、2000円の出費で金麦48本~が実現します。

ビールの購入にはふるさと納税の利用がおすすめです。

我が家では今年もふるさと納税で金麦48本を購入しました。10000円の納税に対してビール48本ですから、これだけで返礼率50%に及ぶ脅威のコスパです。実質的には出費は2000円だけですから金麦一本42円。夢のような話です。

ふるさと納税はめんどうがらずにきちんと取り組むことが大切です。返礼品について総務省があれこれと文句を言い始めているということは、逆に言えば今がピークです。規制がより強まる前にサクッとはじめてしまいましょう。

 

2018年のふるさと納税で金麦48本が届きました 

f:id:kitalan:20181024211224j:plain

 

今年も我が家にふるさと納税品がポチポチと届き始めました。

今年注文が完了しているものは、お米、ビール、国産はちみつです。全て楽天ふるさと納税を利用しています。1万円の納税でそれぞれお米15kg、国産はちみつ4kg、ビール24本、発泡酒ならば48本が手に入るのですから本当に夢のような制度です。我が家の家計節約の主力と言っても過言ではありません。

私自身はお酒は本当に少々たしなむ程度ですので、正直350m缶でも多いくらいなのですが、まあこれで仕事から帰ってきて疲れた喉を潤すのに3カ月は持ってくれます。自分の納税分で寄付をしているので、妻と家計についての論争になることもありません。モルツを飲もうが金麦を飲もうが全て私に権限があるのも嬉しいことです。

とりあえず2本キンキンに冷やして今年の寄付に乾杯をしました。

コスパで見ればお米がベストです

ふるさと納税を行う際は生活必需品に焦点を絞ることをお勧めします。

あれこれと絞り込む楽しみもありますが、インターネットショッピングは現実のウインドウショッピングよりも面白みに欠けます。むしろ時間がどんどん削られていく感覚があり、あまり楽しいものではありません。

その点、ふるさと納税返礼品を生活必需品に絞れば、あれこれと悩む必要もなくなります。その分面白みには欠けますが、家計節約への最短経路を歩むことができます。

 

特におすすめなのが、日本人ならば誰でも食すであろうお米です。

ほかほかのご飯を毎食3回食べる、日本人の幸せの基本ですね。ふるさと納税返礼品の相場から判断すると、新米15kgで1万円の納税。お米の質と値段のバランスがとれている最適解かと思います。

ちなみに、総務省と戦っていることで有名な大阪府泉佐野市で、魚沼産コシヒカリを取り扱っています。

我が家では今年は九州方面のお米も食べてみたかったので、宮崎県の都城で作らられているヒノヒカリを返礼品に納税してみました。ヒノヒカリは、コシヒカリを父に持つ西日本の優良米です。昨年度の魚沼産コシヒカリがまだ残っていますので、食べ比べがとても楽しみです。

こちらは昨年の納税の際に扱った魚沼産コシヒカリです。無洗米でも気にしない方は何と20kgものお米をもらうこともできます。

続いてこちらは今年の納税で購入。西日本中心で盛んにつくられているヒノヒカリです。我が家は無洗米よりも品質を選びました。農薬が半分しか使われていないというのが決め手です。

納税額にもよりますが、自治体によっては定期便に対応しているものもありますので嬉しいです。上手に利用しましょう。

ポイントを含めると圧倒的に楽天ふるさと納税がおすすめです

いまだにふるさと納税にはやや高めの壁を感じている人が多いようですが、一度やってみればふるさと納税はとても簡単です。

それは私が単純に楽天ユーザーだからなだけかもしれませんが、こと楽天ユーザーに関しては、いつもの買い物に2ステップを加えるだけでふるさと納税が完了するので、本当に手間はかかります。

2ステップ加えると言っても簡単です。

  1. 自分の年収にあった納税上限額を調べる
  2. 楽天市場で楽天ふるさと納税対象商品を購入する
  3. 送られてくる書類に印鑑を押して返送する

この3ステップでふるさと納税が完了し、翌年の税金から「納税額ー2000円」が毎月12回に渡って引かれ続けます。

さらに嬉しいのは、楽天は定期的にキャンペーンをやっていますよね?キャンペーンの日時を調べるのは面倒ですが、少なくとも、5の倍数の日にはポイントが5倍のキャンペーンがやっていますので、買い物かごに入れておいてまとめて購入すればポイントも5倍です。こんなに簡単で楽なことはありません。結局、ポイント5倍もつけば実質2000円を上回るポイントが付与されてしまいます。

自分にあった納税額を確認しよう

ふるさと納税を行う前に、自分にあった納税額を確認しておく必要があります。年収に対して寄付の控除額が割り振られますから、確認しておきたいものです。総務省のサイトで親切に表にまとめてくれています。

ふるさと納税を行う方本人の給与収入 ふるさと納税を行う方の家族構成
独身又は共働き 夫婦 共働き+子1人(高校生 共働き+子1人(大学生) 夫婦+子1人(高校生) 共働き+子2人(大学生と高校生) 夫婦+子2人(大学生と高校生)
300万円 28,000 19,000 19,000 15,000 11,000 7,000 -
325万円 31,000 23,000 23,000 18,000 14,000 10,000 3,000
350万円 34,000 26,000 26,000 22,000 18,000 13,000 5,000
375万円 38,000 29,000 29,000 25,000 21,000 17,000 8,000
400万円 42,000 33,000 33,000 29,000 25,000 21,000 12,000
425万円 45,000 37,000 37,000 33,000 29,000 24,000 16,000
450万円 52,000 41,000 41,000 37,000 33,000 28,000 20,000
475万円 56,000 45,000 45,000 40,000 36,000 32,000 24,000
500万円 61,000 49,000 49,000 44,000 40,000 36,000 28,000
525万円 65,000 56,000 56,000 49,000 44,000 40,000 31,000
550万円 69,000 60,000 60,000 57,000 48,000 44,000 35,000
575万円 73,000 64,000 64,000 61,000 56,000 48,000 39,000
600万円 77,000 69,000 69,000 66,000 60,000 57,000 43,000
625万円 81,000 73,000 73,000 70,000 64,000 61,000 48,000
650万円 97,000 77,000 77,000 74,000 68,000 65,000 53,000
675万円 102,000 81,000 81,000 78,000 73,000 70,000 62,000
700万円 108,000 86,000 86,000 83,000 78,000 75,000 66,000
725万円 113,000 104,000 104,000 88,000 82,000 79,000 71,000
750万円 118,000 109,000 109,000 106,000 87,000 84,000 76,000
775万円 124,000 114,000 114,000 111,000 105,000 89,000 80,000
800万円 129,000 120,000 120,000 116,000 110,000 107,000 85,000
825万円 135,000 125,000 125,000 122,000 116,000 112,000 90,000
850万円 140,000 131,000 131,000 127,000 121,000 118,000 108,000
875万円 145,000 136,000 136,000 132,000 126,000 123,000 113,000
900万円 151,000 141,000 141,000 138,000 132,000 128,000 119,000
925万円 157,000 148,000 148,000 144,000 138,000 135,000 125,000
950万円 163,000 154,000 154,000 150,000 144,000 141,000 131,000
975万円 170,000 160,000 160,000 157,000 151,000 147,000 138,000
1000万円 176,000 166,000 166,000 163,000 157,000 153,000 144,000
1100万円 213,000 194,000 194,000 191,000 185,000 181,000 172,000
1200万円 242,000 239,000 232,000 229,000 229,000 219,000 206,000
1300万円 271,000 271,000 261,000 258,000 261,000 248,000 248,000
1400万円 355,000 355,000 343,000 339,000 343,000 277,000 277,000
1500万円 389,000 389,000 377,000 373,000 377,000 361,000 361,000
1600万円 424,000 424,000 412,000 408,000 412,000 396,000 396,000
1700万円 458,000 458,000 446,000 442,000 446,000 430,000 430,000
1800万円 493,000 493,000 481,000 477,000 481,000 465,000 465,000
1900万円 528,000 528,000 516,000 512,000 516,000 500,000 500,000
2000万円 564,000 564,000 552,000 548,000 552,000 536,000 536,000
2100万円 599,000 599,000 587,000 583,000 587,000 571,000 571,000
2200万円 635,000 635,000 623,000 619,000 623,000 607,000 607,000
2300万円 767,000 767,000 754,000 749,000 754,000 642,000 642,000
2400万円 808,000 808,000 795,000 790,000 795,000 776,000 776,000
2500万円 849,000 849,000 835,000 830,000 835,000 817,000 817,000

総務省|ふるさと納税ポータルサイト|ふるさと納税のしくみ|税金の控除について

 こんな感じで総務省のサイトに目安を書いてくれているので便利です。

自分に年収に会った額を好きな自治体に納税しましょう。出費は2000円だけで、残りは全て来年度の住民税から控除されます。

 ふるさと納税をするならばそろそろ動き出した方が賢明です

昨年まではゆっくりと12月末までに終わらせてもまるで問題がなかったのですが、今年度からは少し雲行きが怪しくなってきました。総務省からの圧力ですね。個人的にはふるさと納税の制度はツボにはまっていると思うのですが、どうも本来の趣旨とは異なるものだとお国はお怒りの声をあげているようなのです。

全ては9月11日発表の総務省の見解に端を発しています。

http://www.soumu.go.jp/main_content/000573243.pdf

上記リンクでは、どこの自治体が返礼割合で3割を超過しているか。その品物は何か。具体的にいつまでに改善をするか。がまとめられています。

総務省何をやっているんだろう・・・

逆を言えば、還元率×品物×期限で、納税したい自治体を選べるリストってことですよね・・・。

 

ということでやや縮小を強制されている自治体もあるようで。とりあえずは10月31日を目安に、少しずつ縮小していっているきらいがあるので、「今年こそはふるさと納税!」とお考えの方はお早めに動いた方が吉と思われます。茨城県水戸市のように、「ふりかけ」が地場産業以外の返礼品だ!と咎められる可哀想な自治体もありますので、納税はお早めに・・・

以上、北海道kitalanからでした。