大人の見学旅行記

札幌移住歴15年!旅行記を中心に節約情報、働き方など。I LOVE HOKKAIDO!!3日に1記事更新中

【宿泊記】ニセコノーザンリゾート・アンヌプリのバイキングと温泉が秀逸だった

こんにちは。kitalanです。いよいよ夏本番です。

さてさて、僕の北海道お気に入り2強スポットの一つであるニセコへ行ってきました。今回は宿泊代も少し奮発して『ニセコノーザンリゾート・アンヌプリ』へ宿泊してきました。

いやー、最高でした!!夏のニセコはオフシーズンなので実は意外にも人が少なくて、ゆったりとした時間を過ごすことができました。温泉も朝食バイキングもかなり高いレベルでした。

感動も大きかった分、今回は力を入れて僕もレポートをしっかり書きたいと思います!

スポンサーリンク
 

ニセコノーザンリゾート・アンヌプリってどんな場所?

ニセコ温泉郷にあるホテルの一つです。え?そもそもニセコ温泉郷を聞いたことがない?ニセコは一番は雪質で有名ですが、単純泉と硫黄泉を中心に、かなり上質なお湯に溢れている地域で,温泉でも有名なんですよね。自分の感覚的な話ですが、全国的に有名な登別温泉にも負けていません。泉質ならです。登別温泉は温泉観光地としてすごくしっかりしていますから、そのあたりはなかなか敵いっこありません。でも、お湯自体で見るとそのくらい温泉についてもレベルが高い、穴場的スポットなんです。

山の中に、高級北欧リゾートがあるって感じ(外観はそうでもない)

さて、話をニセコノーザンリゾート・アンヌプリに戻しましょう。『ニセコノーザンリゾート・アンヌプリ』は、ニセコアンヌプリスキー場の麓に位置し、周囲はとても静かです。外観はこんな感じで、周囲には冗談抜きで、山しかありません。

f:id:kitalan:20170723220213j:plain

さて、札幌から二時間弱かけて、期待の宿に到着しました。

エントランスを抜けると、どこか北欧を思わせる、牧歌的な雰囲気のロビーが出現します。

f:id:kitalan:20170723220457j:plain

少し華やかですが、それでいてどこか落ち着いた印象です。天井を見ると吹き抜けになっており、空間的に縦に広さを感じます。フロントの横奥には結構な大きさの休憩スペースが、また、エントランス目の前にはラウンジがあります。どちらもスタイリッシュな雰囲気で包まれていました。 おほー!何度来ても高級感がある!!期待大ですわこれは!!
フロントでチェックインをしましたが、特にお部屋への案内はありません。別にいいですよ、そんなの。お客様は神様でもなく、こちらとて利用させて「もらっている」側ですから。

意外にちっこい三階建ての宿。ただし横に長い

建物が三階建てであることや大浴場の場所や食事場所など、一通りのことはチェックインの段階で伝えてくれます。また、夕食はバイキングで予約をしましたが、空いている場合は夕食プランを和食膳のコース料理に変えられるとのことです。僕の場合は複数人できたからいいけど、二人きりとかでデートするなら和食膳が良いかなー!

ホテルの部屋数とか、徹底的に調べてみた!

このホテルには今後も末永くお世話になる予定。ということで情報を徹底的に調べてみましたよ。

まず、ホテルは、3階建てです。前述しましたね。

次に、客室ですが、152室ほどです。

ツイン系統ではスタンダードが47室、ハリウッドスタンダード(外装がスタンダードとは異なります)が37室、デラックスハリウッドが39室、デラックスルームが12室です。こちらはホームページのデジタルパンフレットを見ながら、計算しましたYO!!

ダブル系統ではスタンダードダブルが10室のみです。うちはちょくちょくダブルも使うから、ちょっと少ないかなー。そのほかにジュニアスイートルームが3室、デラックスイートルーム2室、ハートフル(バリアフリータイプ)のお部屋が2室。これらの部屋はたぶんじゃらんとか、それ系のサイトでは扱ってないって感じです。

僕たちが泊ったのはツインのスタンダードルームで、このタイプの部屋は全て1階にあり、通路は横長に広がっていました。 

さあ!山側スタンダードルームに宿泊だ!

宿泊した一階のスタンダードルームは山側に位置し、窓の向こうには山が広がっています。とても静かで、外からは鳥と虫の鳴き声しか聞こえません。窓枠やベッドの下にも埃がなく、清潔さに感心しました。 いやぁ、お気に入り過ぎて超徹底的に調べてしまったんですよね。

さてさて、自分はホテルの空気は乾燥しがちであまり好きでないので、フロントでお願いして加湿器も用意してもらいました。すぐに持ってきてくれました。

ちなみに、ニセコエクスプレスという情報誌も置いてあり、事前情報がなくてもニセコ観光のことがよくわかる内容でした。 

お部屋の写真は一枚だけ。僕はどうも部屋の写真を撮るのが上手でありません。風景はとっていて楽しいんですが。

f:id:kitalan:20170723220751j:plain

『フュージョンレストラン エクラ』で豪華道産食材バイキング

 

夕食は、『フュージョンレストラン エクラ』でいただきました。何か入口がすごくキラキラしている場所です。

嬉しいことに、あらかじめ時間を指定することができます。18時~20時の間で、30分単位で選ぶことができた。私たちは19時30分で予約しましたが、特に待たされることもなくスムーズにご案内。収容人数に対してテーブルとテーブルの間の距離が十分にとられてあり、全体的に広々とした雰囲気を感じます。

f:id:kitalan:20170723220928j:plain

北海道産食材の宝庫で心躍る夕食

ディナーブッフェは幌加内産の蕎麦やジンギスカン、スープカレーやゆでじゃがいもなど。この辺は全部北海道食材です。

あと、酒飲みにはたまらないチーズやウインナーなどのバイキング。酒のお供になるようなものがかなり幅広く用意されていました。特にチーズの種類が4種類あり、単品で注文するワインが進むだろうかと。

ビールも単品での注文ですが、北海道の代表格の札幌クラシックか、アサヒビールかを選ぶことができます。

ソフトドリンクはブッフェに含まれており、お水、牛乳、オレンジジュースやアイスティーのほか、お茶や紅茶のティーパックが8種類ほど、コーヒーやカフェラテも作られるサーバーがありました。全体的に、時間帯がピークだったこともあり、料理の入れ替わりは早く、待たされるということはありませんでした。 

f:id:kitalan:20170723221121j:plain

ワインが捗るチーズです。これは本当にたまりません。

f:id:kitalan:20170723221156j:plain

北海道代表作のスープカレーですね。さすがに有名店の味には敵いませんでした。

ふわっふわっのオムレツ、焼き立てパンの評価が高い朝食バイキング

朝食も同じく、『フュージョンレストラン エクラ』でいただきます。こちらは予約制ではなく、9時30分がラストオーダーで、どの時間に訪れてもよいということです。焼き鮭など朝食らしい料理の他、焼き立てのパンが6種類ほど並び、入れ替わりも早かったです。目玉焼やオムレツは実演形式で、その場で焼き加減をリクエストすることもできました。もぐもぐもぐ。うまい。もぐもぐもぐもぐ。うまい。ホテルの食事って何でこんなにうまいんだろう。

ニセコノーザンリゾートアンヌプリの温泉には温泉ソムリエがいるよ

さて、楽しみにしていた温泉です。この旅行だけで4回くらい入りました。ざばーん!!ところでこの宿には温泉ソムリエさんがいます。

f:id:kitalan:20170723225323j:plain

この資格、知る人ぞ知る!って感じです。普通はなかなかとれる資格ではなく、温泉マニアの中ではかなり評判の視覚です。僕は時間的に断念しました。

次は設備へGO!

設備はどんな感じ?

大浴場は男女別に1箇所あり、内湯と露天風呂が一つずつ。もちろん源泉かけ流しです。お湯は透明なお湯で、ナトリウム塩水です。肌がつるつるになるー!男女の入れ替えはなく、24時まで使用でき、翌朝は6時から9時まで利用できます。サウナもついていますが、こちらは23時までで、朝はやっておりません。フェイスタオルおよびバスタオルは浴場においてあります。大浴場のシャンプーコンディショナー関係はPOLA製、ドライヤーはパナソニック製でした。 調べすぎだろ!ってくらい調べました。性(さが)ですね笑

夜の静けさがやばい

夜の露天風呂はすごーく静かです。源泉の流れる音と虫の声以外は何も聞こえず、心から癒されました。あぁ、これもまた北海道の醍醐味だ。

湯温が少し熱いためか、露天には休憩用の椅子も設けられています。背の高い目隠しがありますが、こちらからは山を望むことができ、閉塞感もありません。雨をしのぐことのできる東屋も設置されています。お願いをして写真を撮らせてもらいました。こんな感じです。

f:id:kitalan:20170723221445j:plain

掃除もしっかりしている

温泉の清掃って結構めんどくさいんですよね。その気になればズルできちゃいます。一時期そんなことも話題になり、真面目な温泉が結構な被害を受けちゃいました。巻き添えですね。ちなみにこちらはと言うと、帰り際の午前11時頃、浴室を少し見せてもらいましたが、しっかりとお湯を抜いて清掃をしており、感心しました。

コスパとかは?

旅行に欠かせないのが宿選びだとしたら、宿選びに欠かせないのが値段ですよね。これはもう、旅行のリアルです。ということで今回自分が宿泊したプランの値段を公開。

ずばり今回の宿泊は1泊2食付き、1人あたりは、11,200円(税・サ込)でした。三連休の初日にあたる土曜日に利用しているのにこの値段です。色々とサイトを調べてから決めましたが、ここに関してはあまり値段は変わらないような気がします。リクルートのポイントも貯まるので無難にじゃらんnet あたりで十分かと思います。2%貯まるのは嬉しいですしね。

まとめ

思いのたけが強すぎて随分と長く書いてしまいました。結論を言えばこの宿は、

温泉良し!食事良し!コスパ良し!の自信を持っておすすめできる宿です。じゃらん等でも一応ハイクラスホテルに分類されていますしね。是非とも夏のニセコを楽しんでもらえたらと思います。

以上でした!!