大人の見学旅行記

出版社勤務を経て札幌移住。旅行記や移住記、節約術から働き方など、3日に1記事更新中

札幌駅で寿司を食べるなら『根室はなまる』へ。おすすめは回らない方の店舗のランチセット!

北海道来たら『根室 はなまる』へ行くべし!回転寿司でも回らない方でも、どちらでもコスパ最高だぞ!

こんばんは。kitalanです。今日は楽しみにしていた『ガイアの夜明け』に、僕のお気に入りの店舗「根室 はなまる」が特集される日です。リアルタイムの感想と、リアル店舗を訪問した感想をまとめようと思います。

*2017年6月23日 加筆修正済み

スポンサーリンク
 

『根室 はなまる』って旨いの?

一言で答えます。めっっちゃ旨いです。寿司激戦区札幌において、不動の地位を築いている有名店舗です。人によって好みがありますが、『トリトン』『なごやか亭』『はなまる』をおさえておけば、特に北海道外の人にとってはびっくり仰天のお寿司を食べることができます。空港直結の函太郎はおいしいけど値段がなぁ・・・そんな感じです。

回転寿司 はなまる の創業は?

今でこそ超有名店となり、地元民や観光客で賑わうお寿司屋さんとなりましたが、『はなまる』はそもそも正式には「根室はなまる」です。従って初めての店舗は根室。札幌からおよそ500km離れた道東の田舎でその寿司屋は生まれた。1995年のことだそうです。

さらにガイアの夜明け情報によると、社長さんはもともとは東京で落語家を目指していたとか。結局駄目でバーを開き、ふと、ひょんなことから東京の回転寿司を食べて、これだ!と思ったそうです。

ちなみに尊敬する人は京セラの稲森和夫さんだそうです。ホームページにも載っていますね。

チェックも兼ねつつ、ラーメン店に通うよりも自分のお店に通うそうです。その数二日に一回!!

モットーは?

モットーは「まずくさせない」だそう。鮮度が第一の魚料理はうまくて当然。だから「おいしくする」ではなく、「まずくさせない」がモットーだそうだ。会社の企業情報の欄に書いてあったから間違いない。「はなまる」のお寿司のモットーは「まずくさせない」だ。加えて漁師町「根室」の名を借りているわけだから、半端ものはだせないらしい。

これはお寿司屋さんとしては素晴らしい。なんだか妙に納得してしまった。

どの店舗に行けばいいの??

地下鉄札幌駅直結、JR札幌駅からも直結しているお寿司屋さんの一つに『町の寿司屋 四季 はなまる』があります。回転寿司の『根室はなまる』の回らない方のお店です。ちなみに回転寿司『根室はなまる』は、JRタワーのステラプレイスにあります。どちらの店舗も地元民には超人気店で、いつ行っても混んでいます。だから結論を言えば、どちらの店舗を訪れても大丈夫です!

価格帯は?

僕はここのお店をもう10回以上利用していますが、

夜はお酒を入れても一人当たり3000円前後、ランチは800円~1500円が相場だと思います。回らないお寿司屋さんでありながら、リーズナブルな価格がこのお店の特徴です。特にランチ利用の場合は破格に近い。この理由については後程後述します。ここから先は現地レポートへ突入!!

ランチで利用すべきコースは?

現地レポート編です。

平日でもかなりの人が並ぶのだが、このお店のランチはそれ相応の価値がある。

駅直結と鮮度抜群、そして低価格の三拍子を揃えているのだから混まないわけがない。

実は並ぶのにはわけがあって、ランチにはランチセットなるメニューが存在するからだ。

ランチセットは値段が1200円。その日にもよるが、ウニとか鯛とかがついている。あとはそれに汁物が付く。こちらの汁物はかなり大きめ。ウニはほぼ例外なくついてくる。

もう一つは、お昼の丼物セットがある。

鉄火丼と、サーモン丼と、チラシ寿司丼とセットで810円。これも同じく汁物がつく。汁物はかなり大きい。

圧倒的な値段の安さに僕は思わず二つ注文してしまった。

でーん。

【はなまるランチ丼セット】810円

f:id:kitalan:20170320221507j:plain

ででーん 鉄火丼、サーモン丼、本日のちらし寿司丼です。

【はなまるランチセット】1200円

f:id:kitalan:20170320221532j:plain

どどどーん!! ウニがあるのが嬉しい。イカもいい食感。

二つ合わせた写真。

f:id:kitalan:20170320221539j:plain

大食漢の某もさすがに満腹の度が過ぎました。

もっと味わって食べるべきものだったのですが、消化するのに必死になってしまった。

夜のメニューは?

夜メニューは普通の居酒屋兼お寿司屋さんです。

まずはお寿司メニューを載せておきます。一貫120円~とは思えない新鮮なネタです!

f:id:kitalan:20170323201023j:plain

手前のボタン海老なんかは特に超本格的。

f:id:kitalan:20170323201028j:plain

鮭親子セットだったかな。こぼれいくら。。うましうまし。

f:id:kitalan:20170323201033j:plain

赤身は普通かな。

f:id:kitalan:20170323201037j:plain

特徴の一つに居酒屋メニューがあることです。白子(たち)の天ぷらと、海老天をたのみました。

f:id:kitalan:20170323201042j:plain

最初に頼んだ刺身盛り合わせ。2000円程度だった気がします。北海道クオリティだから味はホンモノです。

まとめ

街の寿司屋はなまるはかなりお勧めできるお寿司屋さんの一つです。超高級というよりは庶民レベルでそこに+アルファが加わっている。そんなイメージを抱いてくださればと思います。

道外から友人が来る場合にも使えるし、自分たちで楽しむこともできます。

道外客=夜

北海道民=昼

 

という感じでしょうか。

是非ともご来店あれ。ちょっと並びますけどね!