大人の見学旅行記

札幌移住歴15年!旅行記を中心に節約情報、働き方など。I LOVE HOKKAIDO!!3日に1記事更新中

【追記】デルタ25000マイルキャンペーン!既存クレジットカード所有者は注意が必要【2017年5月24日】

 以前記事にしたことのある、『デルタ最大25000マイルキャンペーン』ですが、ちょっと気になることがあったので、記載しようと思います。

結論から言うと、デルタ系列のクレジットカードをすでに所有しており、その決済によってマイルを獲得しようとされている方は注意が必要です。

*2017年5月24日追記

コメントより、既存カード所有のケースでもポイントがつくとの情報が入りました!デスクによって説明が異なるかもしれません。

*2017年5月28日さらに追記

デルタスカイマイルショッピングの利用(提携外クレジットカード利用)で1000ポイント、無事付与されました。関連記事は下記です。

以前の記事はこちらです。デルタの25000マイルキャンペーンについて、詳細と、格安で貯める方法を記載してあります。

スポンサーリンク
 

 既存クレジットカード会員はボーナスマイルがつかないのではないか

デルタの25000マイルキャンペーンの詳細を細かく見ていくと、一つの疑問が生まれました。「あれ・・・これ、クレジットカード決済しても、ボーナスマイルがつかないんじゃないか?」規約を見れば見るほどそんな疑問が生まれたのです。

 

確認してみましょう。

キャンペーン詳細

ホテルでのご宿泊や食料品のお買い物など、お好きなブランドへの日々のお支払いに提携クレジットカードをご利用いただくとボーナスマイルをご獲得いただけます。次のバケーションをいち早く実現させましょう。

2017年7月09日までの期間中、キャンペーンに参加している航空会社以外の提携会社でマイルをご獲得いただくたびに1,000ボーナスマイルマイルをご獲得いただけます(25,000ボーナスマイルまで)。

ボーナスポイントの獲得は簡単です。

スカイマイル会員番号で当キャンペーンにご登録ください

スカイマイル提携クレジットカードにご入会・ご利用いただき、ホテルやレンタカーのご予約、お好きなブランドでのショッピングをお楽しみください

マイルがどんどん貯まります

マイルは提携クレジットカードのほか、ランガムホテルズやシャングリ・ラ ホテルズ & リゾーツ、SPG、ヒルトンといったホテル、ハーツなどの提携レンタカー会社など、お気に入りの旅行関連ブランドでもご獲得いただけます。スカイマイル提携会社の一覧はこちらでご覧いただけます。

今すぐご登録になり、ボーナスマイルをご獲得ください。

 

ご注目ください。赤字の部分、何か気になりませんか?「スカイマイル提携クレジットカードにご入会・ご利用いただき~」とありますが、これ、新規入会と既存会員と、どちらに向けて言っているのでしょうか。もしかして、新規入会&利用という意味なのではないでしょうか。

 

続いて利用規約の中の、キャンペーン提携会社についてのホームページ内にある利用規約の抜粋です。

キャンペーン参加提携会社:本キャンペーンに参加している航空会社以外の提携会社は次のとおりです:提携クレジットカード会社(アジア太平洋地域)、ホテル、レンタカー、リムジン&シャトル、クルーズ&バケーション、スカイマイル ショッピング(日本)、および提携会社のポイントのマイルへの移行新しいウィンドウが開きます。業種ごとの提携会社の一覧は、こちらをクリック新しいウィンドウが開きますしてご覧ください。シティバンク・アジア・リワードのポイントへの移行、デルタ航空スカイマイル・サムスンMasterCardプラチナ・クレジットカードは、当キャンペーンの対象となりません。上記の業種以外の提携会社(スカイマイル ダイニング、提携航空会社など)はすべて、当キャンペーンの対象外といたします。

対象となるお取引:「提携会社のご利用」とは、ご登録の上キャンペーン期間中に1マイル以上を獲得されたお支払いを意味します。ご利用日が4月10日~2017年7月09日の期間内であり、マイルが加算される提携会社とのお取引のみが対象です。ご利用日とは、お取引が会員口座に記録された日にかかわらず、お取引が提携会社によって報告された日を指します。ご利用日はdelta.comのスカイマイル会員口座でご確認いただけます。提携会社のご利用1回ごとに1,000ボーナスマイルをご獲得いただけます。提携会社によっては、

すか?ご入会はこちらから。同時にこの特別キャンペーンへもご登録いただけます。

今度はこちらの赤字部分を読んでいただきたいのですが、この部分だけ見ると、取引さえすればポイントがつく。そういう風に捉えることができないでしょうか。

つまり、矛盾した内容が記載されているわけです。

気になったらどうしたら良いでしょうか。憶測で物事を進めて特に意味はありません。

ということで実際に電話をして確認してみました。

デルタ25000キャンペーンの疑問点をデルタデスクに電話して問い合わせてみました

デルタ航空のデスクに実際に問い合わせをしてみました。

電話番号はちょっと検索をかけたらすぐに出てきました。

日本
Delta Air Lines, Inc.
電話番号:0570-077733 (ナビダイヤル)
       050-3850-8388

あぁ。ナビダイヤルか。。まぁいいか。疑問点を解消しよう。

今回電話で尋ねたことは2点です。

  1. 「提携クレジットカードの入会・利用でマイルが貯まる」とあるが、これは既存会員でもOKなのか。それとも新規かいいんだけなのか。
  2. (ついでに聞いてみた)「スカイマイルショッピング(日本)にはたくさんのショップがあるが、このショップは一回の利用につき1000マイル、都度貯まったりしないか?

上記二点です。

 

結論から申し上げます。

1について→「キャンペーン対象者は新規入会者だけです」との回答。

2について→「スカイマイルショッピング(日本)」の利用は複数ショップ利用しても、1回分の1000マイルのみ付与されます」との回答。

 

1については一瞬耳を疑いました。え?!それにしちゃあ、ネット上でそんな情報は書いていなかったぞ。それに利用規約も随分紛らわしい表現じゃないか!いまいち信じられなかったので、2度ほど確認しましたが、新規会員限定らしいです。ですから、既存カード会員の方は注意した方がよさそうです。

 

2については、デスクの方がそもそも「スカイマイルショッピング(日本)」の存在を把握していませんでした・・・。「そんなサイトはない」と言い張りますが、実在(というかリンクがそもそもある)ので「あるものはある」と主張し、待たされること5分ほど・・・「最近できたサイトですね。○天さんのサービスシステムを使って構築された新サイトだったので、当社でもまだ把握しきれていませんでした。すみません」との回答が。サイト把握せずにメール送ってくるなよ・・・と少し思いましたが、システム構築の裏話を聞けて面白かったので良しとしようと思います。

ということはデルタに限らず、たぶんユナイテッドのマイレージモールとかも同じシステムで作られているんですね。サイトの作りが似ています。勉強になりました。

デルタ25000マイルを巡る情報のまとめと貯め方

以下は自分によるマイルの貯め方です

1.スカイマイルショッピング(日本)で108円の電子書籍を購入する

→提携サイト利用に該当するので、1000マイルゲット

2!クレジットカード(アメックス)のポイントを移行する

→アメックスのリワードプラスに入会している場合は、

1250ポイント→1000デルタマイルになるので、ボーナスマイルプラス1000がつきますので、

1250ポイント移行→2000デルタマイル

になります。

3.ホテル関係の利用

これは自分にはあまり縁がありません。わざわざ旅行先でマイルのために高い宿に泊まるよりなら、マイルは貯まらずとも老舗の隠れ家系の温泉や、ゲストハウスに宿泊することが多いので、あえて調べようとは思いません。

ですが、ヒルトン系列だけはちょっと別かもしれません。ヒルトン系列は「ダブルマイル」が選択可能なので、貯めるポイントをヒルトン宿泊の時だけ「デルタ」を選択すればよいわけです。ヒルトンニセコは年に数回利用しますので、もしかしたら使用する機会があるかもしれません。

 ところで、デルタのマイルを貯めてどうするつもりなの??

まだ未定です(笑)。ですが、ニッポン500マイルキャンペーンで年間最大5000マイル貯めることができますので、現実的にはこれを利用して、時期がきたらJTB旅行券(1万円、2万円、3万円のどれか)に交換しようと思っています。飛行機の利用には・・・まぁいいかな。

ただし、JTB旅行券に交換する際はスカイマイルのメダリオン会員(上級会員)になるか、提携クレジットカード保持者になっていないといけないので、タイミングは見極めなければいけません。

最後に

この記事を書きながら思っていることが一点あります。

それは、デルタデスクの対応がどうも疑わしいということです。

2度ほどデルタクレジットカード利用については尋ねましたが、「そもそも担当の方、キャンペーンの中身を熟知していなかったんでは?」という疑問がぬぐいきれません。自分としてはどちらにせよデルタ提携カードは所有していないので構いませんが、既存ホルダーの方は、利用の際は注意された方が良いかもしれません。

また、正確な情報が入ったら記載します。