大人の見学旅行記

札幌移住歴15年!旅行記を中心に節約情報、働き方など。I LOVE HOKKAIDO!!3日に1記事更新中

デルタ航空で最大25000マイルをもらえる大型キャンペーンが登場したので早速実践してみた。でもよく考えると1000マイルしかもらえない気がする

僕はちょっとした陸マイラーなので、デルタ航空のマイレージプログラムにも参加している。ただし、デルタ航空自体に乗ったことはない。ではなぜデルタのマイルを貯めているかと言ったら、それはニッポン500マイルキャンペーンというものを、デルタ航空が継続してくれているからだ。2017年度も無事継続された。

どのようなキャンペーンかと言ったら、簡単に言えば、「日本国内で飛行機にのってその半券を残しておいてFAXしてくれれば、500マイルあげるよ。特典航空券でもパックツアーでも何でも構わんよ。半券(飛行機に乗った証拠)さえあればな。ただ、平会員(無料会員)の人は年間5000マイルまでだからな。」

だいたいこんな感じのキャンぺーンです。

まぁ、色々なサイトで紹介されているので、今回自分のサイトでは割愛。公式ホームページのリンクだけ張っておきます。

デルタニッポン500マイルキャンペーンのリンクは下記↓↓

http://ja.delta.com/content/www/en_US/skymiles/earn-miles/earn-miles-with-partners/airlines/japan-500-bonus-miles-campaign.html#

それで話題を戻すと、今日はこのキャンペーンではなく、本日メールで送られてきた

「最大25000マイル獲得のチャンス」というキャンペーンを紹介したいと思います。「これ、うまくやるとマイル獲得経費がやたらと安くなる気が。。」と思う方が多いのではないかと思いますが、僕の見解では無理です。今日はそのあたりを検証したいと思います。大手ブロガーさんとかも話題にしそうですが、どうなんでしょうか。。

スポンサーリンク
 

 デルタ航空「最大25000マイル」詳細

とりあえず本日(2017年4月10日(金))にデルタ航空から送られてきたメールの内容の一部を転載します。(念のため、ホームページ内にも同様の内容が記載されているのを確認してあります)。

各スカイマイル提携会社のご利用ごとに
1,000ボーナスマイルをプレゼント

毎日の暮らしの中でスカイマイル提携会社を利用すると、今ならボーナスマイルを獲得できます。次のご旅行に向けて大きくマイルを増やせるチャンスです。

2017年7月9日までの期間中、提携航空会社を除くスカイマイル提携会社をご利用いただいた方に、1社につき1,000ボーナスマイルをプレゼントします(最大25,000ボーナスマイルまで)。

【ご利用方法】
1. まず、ご自身のスカイマイル会員番号でキャンペーン参加登録をお済ませください。
2. デルタスカイマイル提携クレジットカードへのお申込み、ご利用や、ホテル、レンタカー、お買い物などで、スカイマイル提携会社をご利用ください。
3.マイルがどんどん貯まります。

マイルを獲得できる機会はさまざま。ホテル(ランガム ホテル、シャングリ・ラ ホテルズ & リゾーツ、SPG®(スターウッド プリファード ゲスト)、ヒルトンなど)や、レンタカーサービス(ハーツなど)はもちろん、提携クレジットカードのご利用でもマイルを獲得できます。

まとめましょう。

  1. 各スカイマイル提携会社の利用ごとに1000ボーナスマイルプレゼント
  2. 最大25000マイルまでOK
  3. 提携会社というのはホテルだったりクレジットカードだったり、レンタカーだったり、提携ショッピングサイトだったり色々あるよ。
  4. 提携航空会社の利用は駄目だよ
  5. 1マイル貯めたら実績として評価する=ボーナスマイルあげちゃうよ

まあこんな感じの内容です。うーん、旨みがあるようなないような。もらえて1000マイルだなー、しかもホテルの利用って高いよなー、うーん。

こんなことを思いながらもう少し詳しく見てみた。登録はこちら!ってあるからリンクを踏むしかないよね。

っとその前に、対象期間とかも確認しておこう。

 キャンペーン対象期間と対象者

対象の方:新規または既存のアジア太平洋地域在住のスカイマイル会員の方 

参加登録:キャンペーン期間中に参加登録が必要です。登録は1回とさせていただきます。所定のキャンペーンページからお手続きください。 

特典:事前に参加登録のうえ、2017年4月10日から2017年7月9日までのキャンペーン期間中に提携航空会社を除くスカイマイル提携会社のご利用でマイルを獲得された方は、1社のご利用につき1,000ボーナスマイル、最大25,000マイルまで獲得できます。 

対象の方:新規または既存のアジア太平洋地域在住のスカイマイル会員の方 

参加登録:キャンペーン期間中に参加登録が必要です。登録は1回とさせていただきます。所定のキャンペーンページからお手続きください。 

対象提携会社:下記カテゴリーの提携会社がキャンペーン対象となります。 提携クレジットカード(アジア太平洋地域)/ホテル/レンタカー、リムジン、シャトル/クルーズ & バケーション/スカイマイル ショッピング(日本)/ポイントのマイル移行 
※各カテゴリーの参加提携会社の詳細はこちらをご覧ください。 
※シティバンクアジア・リワードポイントの交換、および、デルタ スカイマイル サムスン MasterCard プラチナ クレジットカードは本キャンペーンの対象となりません。 
※スカイマイルダイニング、および提携航空会社を含め、上記以外のカテゴリーの提携会社は対象となりません。 

対象者:新規または既存のアジア太平洋地域在住のスカイマイル会員の方

→OK。難なくクリア。

参加登録:キャンペーン期間中に参加登録が必要です。登録は1回とさせていただきます。所定のキャンペーンページからお手続きください。 

→OK。何なくクリア。

期間:2017年4月10日から2017年7月9日まで

Ok!今日からだね。

ここまで読むと、おお!これは利用しまくれば25000マイルいけるな!と思うのですが・・・利用規約に目を通してみましょう。

 デルタ航空「最大25000マイル」利用規約

対象となるご利用:キャンペーン参加登録後、キャンペーン期間中に1マイル以上獲得した提携会社のご利用を「対象となるご利用」とします。

1マイルでも獲得すればよいのか!!これは素晴らしい。

提携会社1社のご利用ごとに1,000ボーナスマイルを差し上げます。ボーナスマイルの獲得は、1社につき1回限りとさせていただきます。

これは。。同じ会社を何度も使ってはダメということなのでしょうね。もう少し詳しく読んでみると・・・

提携会社により、複数のマイル獲得方法を提供している場合があります(異なるプロダクト名やブランド名、店舗、マイル変換通貨等)。同じ提携会社をこれらの方法で複数回利用した場合も、すべて1社の利用とみなします。例: (1) delta.comオンライン予約経由にて複数のホテル予約をした場合 (2) スカイマイルショッピング(日本)プログラムでの複数店舗の利用 (3) スカイマイルクルーズプログラムの複数クルーズ会社の利用 (4) 同じホテルチェーン傘下のホテルブランドを利用 (5) 同じ提携会社にて複数の方法でマイルを獲得した場合 

 

あちゃー。見事に僕の狙いがばれました。僕の狙いは スカイマイルショッピング(日本)」で複数店舗で様々なものを購入して、マイルを稼ごうとしていたのですが、全て一社の利用とみなします。とはっきり書かれています。残念。読者の皆様も注意した方がよいかもしれません。スカイマイルショッピング(日本)で複数店舗で購入しても、一社で一回に見なされる可能性が高いです。

とりあえず「スカイマイルショッピング(日本)のサイトを利用してみました

文句を言っても始まらないので、実際に利用してみました。利用の仕方は簡単です。

ここではショッピング内容に「honto」という電子書籍をピックアップします。

なぜなら、100円ごとに1マイル貯まる=1000マイルキャンペーンプレゼント対象になる。そして、108円の電子書籍がある。からです。我ながらケチだなぁと思いますが、マイルのためなので頑張ります。

f:id:kitalan:20170410230229p:plain

利用の仕方は簡単です。

サイトの上記画面にて、

1.デルタのマイレージ番号を打ち込む。

2.英語で自分の姓と名前を入力する。

3.ここから先は流れに乗るだけ。

4.hontoサイト内で、割引率~96%のキャンペーンを探します。

5;108円の書籍がでてきます。

6.購入して終了。

こんな感じで利用完了です。簡単ですね!

25000マイルは無理でも、108円でデルタ1000マイルをゲットできるのならば、良い方法なのではないでしょうか。貧乏くさいですが、千里の道も一歩から。塵も積もれば山となる。

そんな感じです。ご参考までにどうぞ。

*この記事に関する引用文献は下記サイトです。また、更新情報等がございましたら、コメント等でお知らせいただければ更新いたします。

参考サイト

https://ja.delta.com/mypromos/acelanding.action?offer=SkyMilesPartnerOffer2017&MkCpgn=EM_MKTG_PART_OR_170411_AA007931_A01B_P0_PRI

20170601追記 合わせて読みたい記事はこちら↓↓

www.kitalannotabihurotravel.com

www.kitalannotabihurotravel.com